1. 引越しウォッチTOP
  2. 状況別の引越しと注意点
  3. 地上げ等による立ち退き引越しする場合の注意点とアドバイス

地上げ等による立ち退き引越しする場合の注意点とアドバイス

地上げや大家さんの一方的な都合によって、立ち退きを言い渡された場合、いくつか注意したい点があります。
スグに退去するのは絶対に損!でも居座るにも、近隣トラブルなどには巻き込まれたくないので、ここでは有利に話しを進める秘訣をご紹介しましょう!

スグ立ち退いては損!?

気に入った場所で、家賃や室内環境も申し分なく暮らしていたのに、大家さんの都合や地上げなどで立ち退きを言い渡されることがまれに起きています。

そのような場合、スグに退去するのではなく、きちんと話し合いを持つことが重要です。

入居する際の契約書を確認し、一方的な立ち退きに関しての条項があればそれをお互い確認し、その際には、立ち退き料や引越し代金の支援について、しっかりと話し合うようにしましょう。

できれば大家さんと仲介業者、そして利用者の3者で話し合いを持つと話もスムーズに進み、立ち退き料などもアップしてくれる可能性があるようです。

ねばって居座る際の注意点

なかなか気に入った新居が見つからないとか、立ち退き料をアップさせるためにねばって居座る人もいますが、これはあまりお勧めできません。

地上げをしている業者の中には悪質な業者もあるので、身の危険にさらされたり、知らない間に近隣トラブルに巻き込まれるケースもあるのです。

もし料金をアップさせたければ、仲介業者となる不動産会社に委託するようにしましょう。

立ち退き料を貰って損しない引越しを実現するために

せっかく立ち退き料をアップできても、引越しの費用が割高になれば意味がありませんよね。

そこで利用したのが「ズバット引越し比較」を利用して引越し業者を比較することです!

このサービスでは、それぞれの人に最適な引越し業者を見つけ出し、料金の比較なども簡単に行うことができるので、急な引越しでも安心して低価格の業者を見つけることができます。

あらかじめ、どれくらいの費用がかかるのか情報を把握しておかないと、立ち退き料を貰っても損してしまう可能性があるので、しっかり調べておきましょう。

スポンサードリンク

地上げ等による立ち退き引越しする場合の注意点とアドバイスに関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判