1. 引越しウォッチTOP
  2. 状況別の引越しと注意点
  3. 一人暮らしのタイミングで引越しする場合の注意点とアドバイス

一人暮らしのタイミングで引越しする場合の注意点とアドバイス

一人暮らしを始める際には、役所やライフライン各社への住所変更など多くの手続きが必要となり、また引越し自体も無駄なく行いたいもの。
そんな単身で生活を始める際に注意したい点や、引越しについてのアドバイスを紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

一人暮らしは全て自己管理

引越しをして一人暮らしをすると、それまでには行わなかったことを全て自分だけで管理することになります。
特に、ライフラインや役所関係の手続きを行っていないと、生活自体が出来ないことも!

そのため、引越しをして一人暮らしを始める際に、どんな手続きをしなければいけないのか?ここでご紹介しておきましょう。

まずは役所関係では、転出・転入届け、印鑑登録の廃止と登録、国民健康保険の転出と加入、運転免許証の住所変更などがあり、ライフラインではガス、水道、電気の使用開始などがあります。

また、郵便局や銀行の住所変更、NTTの移転、クレジットカードや携帯電話会社への住所変更なども、忘れないように手続きしておきましょう。

生活費ってどれくらいになるんだろう?

単身で生活を始めると分かるのですが、意外とお金って使ってしまうものなんです。
その中でも必ず必要となるのが電気、ガス、水道の生活費です。

現在、日本での一人暮らしの人の平均を見てみると、電気代4,500円、ガス代3,000円、水道代が3,000円くらいになるようです。

ほぼ10,000万円を見ておけば良いのですが、他にも家賃、食費、通信費、交際費、お小遣い、日用品代など全てが自分の出費となるので、計画的な出費を心がけましょう。

少しの労力で引越し費用を抑える意外に簡単な方法

一人暮らしを始めるに当たって、もしもの時のために少しでもお金は残しておきたいですよね。
そのためには引越しの時から出費を少なくしたいもの。

そこで頼りになるのが、「ズバット引越し比較」で引越し業者を選ぶことなんです。

ズバット引越し比較では220社以上もの引越し業者の中から、自分の引越しに合った最適な業者を最大10社見つけ出すことができ、料金の比較も簡単にすることができるんです。

ムダな出費を抑え、安心できる引越し業者選びをするためにも、是非ズバット引越し比較を利用してみてください。

スポンサードリンク

一人暮らしのタイミングで引越しする場合の注意点とアドバイスに関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判