1. 引越しウォッチTOP
  2. 引越し時の手続き
  3. 重要なのに意外と忘れてしまう!引越し時の郵便物転送の手続き方法

重要なのに意外と忘れてしまう!引越し時の郵便物転送の手続き方法

引越しの際は様々な作業があり、つい郵便物転送のことは忘れがちになってしまいます。
でも、郵便物が届かなくなっては大変です!
ここでは注意点などと共に、手続きの仕方などもご紹介していますので、是非参考にしてください。

郵便物転送の手続きをお忘れなく!

引越しを決めたら、引越し業者を選んだり荷づくりをしたり、新しく購入する家具や電化製品選び、役所やその他関連箇所への住所変更をしなければなりませんよね。

その際には、郵便局への転居届も出すようにしましょう。

意外と郵便物転送の手続きは忘れてしまいがちなので、忘れないうちに、早めに届けを出しておくと良いでしょう。

郵便物転送の手続きの仕方

引越しの際、郵便物転送の手続きの仕方はとても簡単で、最寄り郵便局の窓口へ行き転居届を提出します。
これだけで、もし旧住所当ての郵便物があったとしても、1年間は引越し先の住所まで、無料で届けてくれるんです。

もし、あと1年間更新したい場合には、再度窓口で転居届を提出すれば、郵便物転送を行ってくれます。

また郵便局に行くことができない場合には、転居届の用紙だけを誰かにもらってきてもらい、それに必要事項を記入して、切手を貼らずにポストに投函すると完了します。

さらに、郵便物転送の申し込みはインターネットから行うこともできます。

郵便局のホームページの「e転居」にアクセスすると詳細が書かれているので、昼間郵便局へ行けない方はこちらを利用するのも良いかもしれませんね。

郵便物転送の手続きの際の注意点

郵便局で郵便物転送の手続きをする際には、一緒に持参するものがあります。

まず、本人確認ができる運転免許証、各種健康保険証など。
そして、旧住所を確認できる運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるものです。

また転居届を提出後、転居の事実確認が行われる場合があります。

これは、日本郵便株式会社社員が現地訪問したり、転居届を提出した本人が不在の場合には、同居人等への事実確認などになります。

スポンサードリンク

重要なのに意外と忘れてしまう!引越し時の郵便物転送の手続き方法に関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判