1. 引越しウォッチTOP
  2. 引越しに関するトラブル
  3. 引越しが完了して1ヵ月後に荷物の破損を発見!業者に請求はできる?

引越しが完了して1ヵ月後に荷物の破損を発見!業者に請求はできる?

引越し後1ヵ月経って分かった荷物の破損...!業者に賠償請求をしたいけど、1ヵ月も経過してからではもう遅いのでしょうか?
そんな事はありません!業者が加入している「運送業者貨物賠償責任保険」と、利用者と取り交わす「標準引越運送約款」がポイントです!

引越し業者の保険を確認!

引越し業者は通常、運送業者貨物賠償責任保険というものに加入しています。

「運送業者貨物賠償責任保険」は、輸送中や保管中に、荷物に破損や紛失が起きた場合の請求に応えられるように加入している保険のことです。

上限は1,000万円が一般的で、もし引越し業者によって荷物が破損していた場合には、業者がこの保険に加入していれば、請求にも応えてくれるはずです。

しかし、中にはこのような保険に加入していない業者もあるので、引越しをする前の業者選びの段階で、確認しておく必要があります。

引越し後の荷物の破損でも請求できる権利がある

引越し業者と契約をする際に見せられるのが「標準引越運送約款」です。

これは、利用者と引越し業者のいわゆる約束事で、この約款の中に「第25条(責任の特別消滅事由)」というものがあり、「1.荷物の一部の滅失又はき損についての当店の責任は、荷物を引き渡した日から3月以内に通知を発しない限り消滅します。」と述べられています。

つまり利用者には、引き渡し日から3ヵ月以内であれば、「引越しの途中で荷物が破損していたので賠償請求したい」と言う権利があるんです。

ただし、請求できる金額、請求できるものには限りがあります。
業者によっても補償の内容に違いはありますが、金額としては30万円から50万円の範囲内と思っていた方が良いでしょう。

また、現金、商品券、株券、その他有価証券類や金、銀などは補償外となるので、請求はできません。

納得いかない場合には相談しよう

もし、引越し業者によって生じた荷物の破損をきちんと伝えても、業者が賠償請求に応じてくれない場合、あるいは過失を業者が認めなかった場合には、公的な施設に相談をすると良いでしょう。

一番身近に相談できるのは、全国にある「消費生活センター」で、消費者のあらゆる困った!の相談ができる施設です。

また、引越し専門の「ひっこし110番」や公的機関の国土交通省、地方運輸局・運輸支局などもあるので、こちらも調べておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

引越しが完了して1ヵ月後に荷物の破損を発見!業者に請求はできる?に関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判