1. 引越しウォッチTOP
  2. 引越しに関するトラブル
  3. 見積もりしたのに引越し時に追加料金発生!こんな時は払う必要ある?

見積もりしたのに引越し時に追加料金発生!こんな時は払う必要ある?

全ての引越し作業が終わってホッとしたところ、追加料金の支払いを請求されて困った...!という人、意外と多いようです。
見積もりよりも多く請求された料金は、本当に業者に支払う必要があるのでしょうか?

こんな場合は支払う必要なし!

事前に見積もりを取ったのに、引越し作業の追加料金の請求をされて驚いた人もいるのではないでしょうか?

しかし、引越し業者のスタッフが下見に来た際、荷物の量や大きさ、新旧の家の中の様子、道路環境など全てを申告し、それに合った見積もりを取っていれば、追加料金を支払う必要は無いんです。

下見に来るスタッフと、実際の引越し作業をするスタッフは別の人であることがほとんどです。
この両者の間できちんと連絡が取れていない場合に、このような料金の追加請求がよく起きているようです。

例えば、「見積書よりも荷物が多かったので、もう一台トラックが必要になり追加の料金ができました」と言われても、それは下見に来たスタッフの落ち度となるので、このような事を言われたら、すぐにこのスタッフと電話で直接話し合い解決するようにしましょう。

解決できれば料金の支払いを必要無いので、請求されたからとすぐに支払わないようにしまょう。

支払わなければならない場合

しかしながら、下見の際に申告をしていなかったこと、情報をきちんと伝えていなかったこと、予定外の仕事を業者にしてもらったなど、このような場合には、当然ですが追加の料金を支払う必要があります。

例えば新居の間口や階段が狭くて、家具をクレーンでつり上げることになった!とか、梱包は業者に頼まず利用者が行うことになっていたのに、当日になって全く梱包ができていなかった為、スタッフに代わりに梱包してもらった場合などは、勿論その分の追加料金は支払う必要があります。

納得いかない時の相談先

明らかに利用者に落ち度が無く、追加料金の支払いの必要性を感じない場合でも、引越し業者との話し合いが平行線になることもあります。

そのような場合、個人の力ではどうしようもなくなることが多いんです。

こんな時には、公的な立場の人や専門家に相談をしましょう。
もっとも相談しやすいのは、全国各地にある「消費生活センター」です。
ここではあらゆる消費者の相談を聞いてくれるので、電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。

他にも引越し専門の「ひっこし110番」や、公的機関の国土交通省、地方運輸局・運輸支局などもあるので、覚えておいてください。

スポンサードリンク

見積もりしたのに引越し時に追加料金発生!こんな時は払う必要ある?に関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判