1. 引越しウォッチTOP
  2. 引越し時の手続き
  3. 引越し時の車検証・車庫証明・自動車保険・自動車税の手続き方法

引越し時の車検証・車庫証明・自動車保険・自動車税の手続き方法

引越しをしたら車検証のほか、車庫証明、自動車税、自動車保険など、車に関する手続きも意外と多くあります。
しかし、それぞれに申請する場所が違っていたり手続きに必要な書類も多いので、手続きに向かう際には全て揃えてから行くようにしましょう!

引越しの際に自動車に関する手続きについて

引越しの際、自家用車を持っている方は車検証(自動車検査証)や車庫証明、自動車税、自動車保険などの住所変更手続きが必要となります。

引越し前ではなく、引越し後に手続きをすれば問題ありませんが、万が一の時やイザという時に困ってしまうケースもあるので、忘れないように手続きをしておきましょう。

それでは、それぞれの手続き方法についてご紹介していきます。

車検証

引越しをしたら車検証も住所変更をする必要があります。

「住所に変更があった時から15日以内」に、新居のある管轄の陸運局へ、車検証、新住所の住民票、手数料納付書、新住所での車庫証明書、自動車税申告書、印鑑等を持って、変更届けを提出しましょう。

住民票には旧住所が記載されているので、その旧住所と車検証の住所が違う(転居を繰り返している)場合には、住民附票や住民除票といった書類が必要になり、新住所と車検証の住所までが繋がるようにしないといけません。

費用としては、手数料350円(陸運局で購入する印紙代)、申請書の用紙代100円前後、ナンバープレート代(管轄地域が変わる場合)2,000円前後、が必要になります。

自動車税

車検証の届けを提出することで、ともに住所変更となります。
また、車検所の住所変更をしなくても、管轄の県税事務所で手続きをすれば、自動車税請求書の納付先だけを変更することもできます。

その際、車の登録番号、新・旧住所、電話番号が必要になりますので、準備しておきましょう。

自動車保険

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険があり、どちらも加入している会社に電話で連絡をして、住所変更をしましょう。

車庫証明

車庫証明は、新居のある管轄の警察署へ行って手続きをすることになります。

持って行くものは、自動車保管場所証明申請書、保管場所の所在図と配置図、住民票か印鑑証明書(正式な住所や地番が分かるなら不要)、印鑑、そして自己所有の土地に駐車する場合は、保管場所使用権原疎明書面(自認書)、駐車場を借りる場合には保管場所使用承諾証明書などとなります。

必要な書式は、警察署の交通課で無料でもらえますが、手続き費用(警察署で購入する印紙代)として2,700円前後が必要になります。

手続きの際の注意点

これらの手続きを忘れてしまうと、思わぬところで面倒な場合が出てきます。
例えば、車検証の住所変更をしていないと、自動車を廃車にしたり下取りに出す際の手続きが、面倒になってしまうんです。

慌てて手続きをする必要はありませんが、引越し後から10日以内までに、それぞれの手続きを完了するようなスケジュールを立てておくことをおすすめします。

また、それぞれ申請する場所が陸運局だったり警察署など、別々の役所に出向かなければいけないので、必要書類を完全に揃えてから行くようにしましょう。

それぞれの手続き、申請する地域によって差がありますが、手続きには手数料などが必要となりますので、手元に現金を準備していくことも忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

引越し時の車検証・車庫証明・自動車保険・自動車税の手続き方法に関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判