1. 引越しウォッチTOP
  2. 引越しに関する疑問
  3. 引越し先・引越し元のご近所さんへの挨拶や手土産はどうすれば良い?

引越し先・引越し元のご近所さんへの挨拶や手土産はどうすれば良い?

引越し元ならまだしも、転居先での挨拶、そして手土産は悩みの種の一つですよね。
ギフトのような贈り物が良いのか、それとも手軽な品物で良いのか...。
人にはなかなか聞けない、このような引越しの挨拶にまつわる一般的な情報をご紹介しましょう!

引越し元での挨拶の基本

引越しをする際に、近所の方への挨拶はやはり必要です。
これまでお世話になった人も多いでしょうから、習慣というよりも感謝の気持ちを持って挨拶に行きましょう。

では、いつ出向いたら良いのでしょうか?

やはり引越しの当日はNGですね。
突然その日に言われることで、ご近所の方もあまり良い気分ではありません。

そこで一番良い時期としては、引越しをする2日前か前日が一般的と言われています。

その際に、これまでお世話になったことへの感謝の気持ち、そして作業中はトラックの出入りや、騒音が出てしまうことなど、迷惑をかけることも一言断っておくようにしましょう。

引越し先での挨拶の基本

では、引越し先の近所の方には、いつ挨拶に行ったら良いのでしょうか?

時期的には、まず転居が決まった時に、向こう三軒両隣に挨拶に行くようにします。
その際に、引越し元での挨拶と同じように、これからお世話になるということ、そして作業中に迷惑をかけることを一言断っておくようにしましょう。

さらに、引越しが終わった当日か翌日に、手土産を持って伺えばその後の近所づきあいもスムーズにいくはずです。

最近はこのような挨拶をしない人も増えていますが、いつ、何が起きても良いように、ご近所の方の顔を覚えたり、どのような人が住んでいるのか知っておく方が賢明と言えるでしょう。

手土産にも気を付けて!

手土産ですが、これは色々と考えてしまいますね。

大体の相場としては、500円から1,000円と言われています。
品物で言うと、石鹸、洗濯洗剤、ティッシュボックスや焼き菓子などが無難なようです。
凝ったギフトのような贈り物ではなく、手土産という手軽なイメージの方が、お互い気を使うことが無いので良いでしょう。

挨拶に行っても留守が多いお宅には、郵便ポストに名前などを書いたカードと共に入れておくと良いでしょう。
特に社宅などの場合には、後々「来た、来ない」で話題の人となってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

スポンサードリンク

引越し先・引越し元のご近所さんへの挨拶や手土産はどうすれば良い?に関連するコンテンツ

ちょっと気になる大手引越し業者の評判